REFERENCE

REFERENCE 01

大手精密機器メーカー SAP CoE 設立事例

SAP

アジア太平洋(APAC)地域において、6 Dimension Mixed Delivery Modelを活用。
SAP保守運用・ロールアウトを通じてノウハウを顧客と共に集約し蓄積。
コスト削減に貢献しながらサービス品質の向上を実現し、顧客の事業推進を支える。

ビジネス課題

  • SAP導入後の安定した運用の確立、自社ベストプラクティスの展開
  • APAC地域におけるSAPに関する全ての問い合わせの集約
  • システムの統合を加速させるための標準化とSAPソリューションの価値の最大化
  • サービスレベルを向上させながらのコスト削減
  • 顧客の業務プロセスに関する知識・ノウハウの集約と活用
  • APAC地域展開用のSAPテンプレートの構築と管理
  • システム運用上の各種報告や分析を実施するためのソリューション提供

提供価値

  • 6 Dimension Mixed Delivery Modelを活用し、オンサイト、オフショアモデル、シェアードサポートモデルを有効に組み合わせてデリバリー体制を構築し、CoE構築準備・計画段階から支援開始
  • SD/MM, FI/CO, SAP CRM; Sales/Marketing & Service, SAP BI/BOBJ; SAP E-commerce/B2Bの各機能を専門に担当するSME(Subject Matter Expert)をアサイン
  • 日々の保守・運用をサポートし、継続的にAPAC地域SAPテンプレートをメンテナンス。BI、BOBJ、B2Bといったアプリケーションの導入もサポート
  • セールスダッシュボードなどのマネジメントレポーティングをBOBJを活用しながら実装。販売活動の予算立案/フォーキャストの分析に使用することにより経営層のレポーティングニーズに対応。
  • E-Commerceに対応するためECC-CRM-B2Bを統合したソリューションを構築
  • コミッションプロセスやシリアル番号の自動化など。業務プロセスの標準化、自動化を実施

ビジネス効果

  • APAC地域SAPテンプレートは集中的にSAP CoEにて維持管理を実施。SAPテンプレートを新しいAPAC展開国へ対処を広げることに成功(タイ、インド他)
  • インドのオフショアとシェアードサポートサービスによる継続的なコスト削減に成功
  • ディストリビューターの注文はシームレスにSAP B2B、SAP CRM、SAP ECCを通じて統合。リアルタイムなB2Bディストリビューターの注文がSAP CRMと統合されたバックエンドのSAP B2Bウェブショップへと送信
  • 販売事務業務と経理業務の効率性が上記の業務改善と自動化を通じて30%向上
  • ワンクリックで経営上層部が販売実績を国、事業部、部署単位で時系列に比較・分析出来るようになり、迅速な経営判断を可能に

ソリューション / テクノロジー

  • SAP

Page to top