REFERENCE

REFERENCE 02

製薬会社 マルチチャネルCRM分析基盤

BI & Analytics

MR、卸、医療機関や医師等、多様な関係者の情報を統合管理
多様な情報をもとに販売やマーケティング分野においてビジネス上価値ある“気付き”を得るための分析を実施。

ビジネス課題

  • “顧客”の意味を再定義し、取扱う顧客データを多角的に再定
  • 販売活動やマーケティングの向上を目指し、マルチチャネルデータ分析による“気付き”の追求
  • アプリケーション横断のマスタ管理システムを構築し、顧客、製品などのマスタ情報を一元的に管理
  • 強固で柔軟な分析データモデルを作成し、売上やマルチチャネルにおける顧客接点別分析の仕組み作り
  • KPI定義による売上増加や顧客満足度向上に効果的なチャネルと活動の組み合わせを模索
  • ビジネス要求を早期に実現するための最適なシステム構成と開発体制の整備

提供価値

  • 複数チャネル・複数システムから多様なデータを収集できるよう、クラウド環境・顧客社内環境を跨いだ分析システムを構築
  • Amazon Redshift上にデータマート層を作成。アドホック分析を柔軟に実施できるよう、個々のデータソースから複数チャネルの情報を集積・比較できるよう構築
  • SCRUMアプローチを採用し、ビジネス要望が定まっていないレポート・ダッシュボードを柔軟に開発
  • 顧客側PMOにコンサルタントを配置し、複数ベンダが互いに協力してプロジェクトを進められるようプロジェクト全体を統括

ビジネス効果

  • 分析基盤の構築により、顧客に関する“気付き”からのアクション実施
  • 拡張が容易で、費用対効果の高いDWHにてマルチチャネルデータを統合管理
  • KPI設定とターゲット管理により、データに基づいた販売活動、マーケティングの実現

ソリューション / テクノロジー

  • BI & Analytics

Page to top